ノアカレンダー
G+サムライTV
ツアー最新情報はコチラ!
次回の大会

1月1日(木)

詳細へ
詳細へ
詳細へ
試合結果

Navig. For The Progress 2019

清水マリンビル

3月3日(日) 17:30~

詳細へ
チケット購入 ローソンチケット携帯からのご購入イープラス電子チケットぴあ
インターネット配信でNoahの試合を視聴!
サムライTVオンデマンド
プロ格DXスマートフォン対応
無題ドキュメント
その他

2018.05.25

【東方英雄伝との業務提携のご報告】

 
業務提携のお知らせ_001

【東方英雄伝との業務提携のご報告】

本日、『東方英雄伝』と業務提携をいたしましたことをご報告させていただきます。
主な提携項目内容は下記の通りとなります。


【業務提携内容】

中国におけるプロレス市場開拓への相互協力を行って参ります。
日本国内において、両団体が主催する大会へ相互選手を派遣、ノア選手と東方英雄伝選手の合同練習の実施など行っていきます。


▼中国におけるプロレス市場開拓

  • ・東方英雄伝の選手の育成
  • ・東方英雄伝の上海道場および中国へのコーチ派遣
  • ・中国における有能な人材発掘などのスカウト活動
  • ・中国でのプロレス大会への参戦
  • ・イベントノウハウの提供
  • ・中国へのプロレスのPR活動の参加

▼日本国内において

  • ・両団体が主催する大会へ相互選手を派遣
  • ・ノア選手と東方英雄伝選手の合同練習の実施

【今後のスケジュール】

  • ・5月29日(火) プロレスリング・ノア後楽園ホール大会にて、東方英雄伝選手より挨拶。
  • ・6月26日(火) プロレスリング・ノア後楽園ホール大会に東方英雄伝選手が参戦。
  • ・7月以降のプロレスリング・ノア後楽園大会、大阪大会など主要大会および各地の大会への東方英雄伝選手の参戦を予定。
  • ・8月8日(水)、9日(木)に中国・上海にて開催の東方英雄伝の大会にノア所属選手が参戦。
  • ・今後の東方英雄伝の中国大会につきましてもノア所属選手の参戦を予定。

【東方英雄伝との業務提携会見の模様】

 
業務提携のお知らせ_002

▼プロレスリング・ノア 内田雅之会長コメント
「この度、プロレスリング・ノアは中国初のプロレス団体『東方英雄伝』と業務提携を結ぶ運びとなりました。東方英雄伝が選手の留学先としてプロレスリング・ノアを選択していただいたことを心より感謝いたしております。プロレスリング・ノアといたいましても日々成長を続いている中国のプロレスというコンテンツが東方英雄伝と共に大きく広げていくことができればと思っております。さらにノアで指導、練習をする東方英雄伝の選手の中で、将来GHCに挑戦できるような有望な選手が育っていくことを望んでおります」

 
業務提携のお知らせ_003

▼東方英雄伝 サイモンCEO
「今回、ノアさんと業務提携する事になりました。ありがとうございます。ノアの関係者の皆さん、スタッフの皆さん、内田会長には本当に感謝しております。私たちのストロングポイントである中国での展開、ノアさんのいろんな歴史のあるストロングポイント、この二つの団体が業務提携することによって更に凄いことがとても前向きに面白く出来ると思いますのでどうぞご期待ください。ご存知の通り私たち東方英雄伝は運営会社はアシスト、元IGFだったんですが、猪木さんとの関係がああいう形で色々と流れがありましてこういう形になりました。私たちは中国初のプロレス団体・東方英雄伝を中心にプロレスを中国で広げていきたい。このプロジェクトが第一ですので、その部分では一番私たちが苦戦していた、中国でのコーチの問題がありまして、今までですとフリーの選手に来ていただいてたんですが、スケージュール上、長くいられないということがあり、コーチを変えていったり、そうすると一本化されない。選手の方ももちろんいろんなスタイルを学ぶことができたんですが、やっぱり一括、一本化で行きたいというのがありましたので。そういう形でコーチの方も提携していただくということで、とても感謝しております。そして今は上海だけの道場ですが、今後は北京とか、哈爾濱(ハルビン)とか違う都市でもどんどん広げていくプランもありますので、コーチも必要になってくる。そういった意味でもとてもフィットしたというか、そいう部分ではとても面白い可能性ができていくと思いますのでとても感謝しております。最後に私たち東方英雄伝の方でもゲノム以前のファイター達含めていい選手がいっぱいいますので(ノアと)ドリームマッチとか出来ると思います。とにかく中国人の選手達のレベルアップする一番の早い道は、やっぱりいい選手とたくさん試合していくことだと思いますし、ノアさんとこういう形で今後は前向きに面白いことが出来ていくと思いますので、業務提携ができて嬉しく思います。ありがとうございます」


【質疑応答】
ーー改めて提携に至った経緯は?

▼内田会長 私も過去、全日本時代に台湾であったり、武藤さんと二人で中国のハルビンにスカウトに行ったりとか中国の市場には興味を持っておりましたので、中国の団体・東方英雄伝のプロレスには興味があったんですけど、最初は選手の派遣について話をいただきました。そのなかで東方英雄伝にあってノアに無いもの、ノアにあって東方英雄伝に無いものを話しているうちに、お互い提携してやってみましょうか、という話が自然的に発生しました。去年、アメリカのインパクトレスリング、メキシコではAAAとも業務提携をしておりますので、ごくごく自然の流れで。インパクト、AAAとの大きな違いを一つ挙げるとすれば、我々が求めるマーケットとして中国が非常に魅力があったということです。インパクトとの提携はアメリカにマーケットを開拓をしに行くわけでもないですし、その点ではお互い利害関係が合ったというか。スムーズに行きました。あとは隣にいるサイモンは、僕が全日本にいた頃にに、彼も新日本の社長をやられていて。そんなに難しい会話になることはなかったです。


ーー具体的な時期は?

▼内田会長 業務提携の話になったのは今年の3月くらい。それまでは団体同士の選手派遣という話でした。お互いにやりましょうか、というところで、先ほど話したコーチの件とか、ウチには道場があるのでそこで練習してみれば、という話からですね。


ーーたくさんの団体がある中でなぜノアを留学先に選んだ?

▼サイモンCEO 去年、ウチの選手といろんな団体を観にいったこともありましたし、以前のゲノムの時代、そして新日本の時代からノアさんは素晴らしい選手が揃っていることも知っていましたので、流れというか、こういう形でポンポンと進んだっていうのは、大げさにいうと運命的というか、そういうふうに感じた部分もありました。ウチが無いものが全て条件として揃っているというのも魅力でした。


ーーノア側のメリットとしては“中国市場進出"?

▼内田会長 もちろん一つは中国に進出したいというのがあります。あとは中国はあれだけの人がいる大国。選手としての良い素材もいるんじゃないかなと思います。去年かな、サイモンが背の高いイケメンの身体のゴツい子と一緒にいるところを見たんですよ。凄いいい男でスターになるんじゃないか、という気がした選手がいたんですよ。それが後に分かったのですが東方英雄伝の選手だったと。そういう素材がたくさんいるんだなというのもあって、そこに僕らのプロレスの技術を受け継いでくれることができたら、もっともっと良い団体にできるんじゃないかなと思います。


ーー資本提携に発展する可能性は?

▼内田会長 ゆくゆくは、それも含めて。ベクトルが一緒。口だけの業務提携で付き合いが終わったら無しね、ということはイヤだなとお互い思っていて、まずは今回の業務提携を成功させて、お互いに位置が固まったら、最終的には共同出資なり何なりして別に興行を運営する会社を、というのも考えてます。当面のところで考えると、ご厚意で事務所も『こっちに移ってきてもいいよ』ということでしたので、そうすると話も早いので、タイミングが合えば事務所も近くこちらへ移ってくることになります。


ーー会社組織としてガッチリ組む形み将来を見据えた提携になると?

▼内田会長 将来に求めるビジョンが明確に示せそうなので、それであれば資本提携も含めて、もう一歩前に進むことも考えてもいいんじゃないのか…っていうのがスタートですね。


ーー東方英雄伝の中国人選手は11選手程度いたようだが、全員ノアのツアーに参戦していく?

▼サイモンCEO マッチメイクなど含めてそういう部分は色々相談することになりますが、ウチ的にはトップの選手はどんどん早く行かせて経験させたいなと思っています。


ーー日本滞在中は興行に参戦するだけでなく、ノアの道場でも練習する?

▼サイモンCEO そうですね、はい。ウチの選手はまだまだ正直レベル的にも全然な部分もありますので。らだ、彼らはとてもがむしゃらで、とても前向きに耐えて頑張ってるような子たちなので、ノアさんのほうでいろいろとシゴいてもらえたら…というふうに思います。

▼内田会長 6月26日の後楽園ホール大会で、何人かの選手にリングに上がって戦ってもらいます。その後、主要大会に出てもらったりするんですが、中国の方なのでビザの問題などもありますんで、条件を整えつつ全員では無いかもしれないですけど、入れ替わりで上がっていただいて。日本に滞在する選手で予定が許す限りウチの新弟子たちと一緒に道場で練習していただいて。来日できない時はウチからコーチ役の選手を派遣して指導してもらうという形をとります。プロレスを指導するという部分に関しては、なるべくすき間がないようにやっていきたいと思っています。


ーーコーチ役として中国に派遣したい選手は?

▼内田会長 中堅以上の選手達は指導できる選手なので、そういう選手に持ち回りで行ってもらったりとか、するかと思います。何人かイメージしている選手はいるんですが、まだ試合の予定もありますんで、まだ明言はできませんが。ただ、ノアというスタイルを伝えられる選手たちなので。例えばAという選手が行って、次にBという選手が行っても、全く別なことはない。ノアイズムのようなものは伝えていけるんじゃないかな、とは思っています。


ーー今回のような業務提携は業界内に広がっていきそう?

▼内田会長 少なからずこの業務提携で同業他社に対して、影響をおよぼすようなことがあれば、一石を投じることになりますでしょうし。たくさん色んな団体がある中で、興味を示さないところがあってもおかしくない。我々は我々のやり方で、プロレスの未来をつなげていきたいなと思っています。

▼サイモンCEO プロレス業界だけじゃなく一般企業が業務提携というのは良くあることですし、そういう部分ではプロレスの世界でも、それがあってもおかしくないかな、と思います。私たちが成功すれば他の団体も様子を見るというか(話が)くるかもしれませんし。


ーー選手たちの反応は?

▼内田会長 まったく問題ないです。逆に言ったら、なかなか今プロレスを目指す若者が少なくなったなかで、まっすぐに、がむしゃらにプロレスラーになろうというハートを持った若い子たちが、国籍が違ってもプロレス界に入ってくる、ということは凄くうれしいことなので。ウチの道場もアメリカのレスラーもメキシコのレスラーも訓練してデビューしてくれてるので、それと一緒です。すごい素材の選手が出てきたら、ノアの生え抜きの選手もうかうかしてられないんじゃないかなという感じですね。


ーードラゴンゲートが中国でOWEを開催したが?

▼サイモンCEO ボクは上海の旗揚げ戦を観にいってたんですよね。自分は『闘うプロレス』というスタイルが好きなので、あちらはどちらかというと、雑技団というか。ちょっと違うモノがありましたが、ウチの選手は誰でも挑戦したがる選手たちですので、機会があったらいいんじゃないかな、とは思いますけど、スタイルが違いすぎますね。自分が見たところでは。

 
業務提携のお知らせ_004
もどる